タイ国内感染は28都県で391人/バンコク95人(日本人1人)[2021年4月8日発表]

タイランドハイパーリンクス

タイ国内感染は28都県で327人/バンコク95人(日本人1人)[2021年4月8日発表]

タイ国内感染は28都県で327人/バンコク95人(日本人1人)[2021年4月8日発表]

タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration:CCSA>は2021年4月8日、新規に新型コロナウイルス陽性の405人が確認されたと発表しました。新たな死亡者は0人です。

新規に陽性が確認された405人のうち14人は、タイに入国後に隔離検疫施設で陽性が確認された8カ国からの人々で、国内感染には含まれません。

国内感染は391人。
国内感染地域別ではナラティワート県が146人で最多で、続いてバンコク都が95人(日本人1人)。その他26県で陽性者が確認されています。

4月8日の発表の時点で、累計の陽性者の数は30,905人。死亡は合わせて95人。28,101人が回復し、2,114人が治療中となっています。

▼関連記事
タイ国内感染327人/バンコク216人/日本人2人[2021年4月7日発表]
新規タイ国内感染245人、日本人の陽性確認は6人[2021年4月6日発表]
バンコクとチョンブリで日本人8人が陽性、新規タイ国内感染は182人[2021年4月5日発表]
日本人が陽性、バンコク都3人とチョンブリ県4人[2021年4月4日発表]
新規タイ国内感染69人、バンコク都では32人を確認[2021年4月3日発表]
新規タイ国内感染45人、バンコク都では20人を確認[2021年4月2日発表]
新規タイ国内感染21人[2021年4月1日発表]
新規タイ国内感染24人、14カ国から入国の18人も陽性 [2021年3月31日発表]
新規タイ国内感染27人、隔離施設では12カ国からの21人が陽性[2021年3月30日発表]
新規タイ国内感染28人、バンコクでは15人[2021年3月29日発表]
新規タイ国内感染58人、隔離検疫中での陽性確認は19人[2021年3月28日発表]
新規タイ国内感染73人、1人死亡[2021年3月27日発表]

Related Posts

タイランドハイパーリンクス

野生のオス牛と飼育のメス牛が禁断の恋

©กรมอุทยานแห่งชาติ สัตว์ป่า และพันธุ์พืชタイ天然資源・環境省 国立公園・野生動物・植物保全局(Department of National Park, Wildlife, and Plant Conservation: DNP กรมอุทยานแห่งชาติ สัตว์ป่า และพันธุ์พืช)は公式Facebookで2021年4月18日、タイ南部スラタニ県のカオソック国立公園から逃げ出した野生のオス牛についての報告を行いました。報告によると4月17日に逃げ出した野生のオス牛は、国立公園から500メートルほど離れた場所にあるアブラヤシ農園に入り込み、そこで出会った飼育されているメス牛と過ごしているのだとか。当局は安全のために職員を派遣して野性のオス牛の行動を監視。そして野性のオス牛を国立公園に戻す計画を立てています。どうやら叶わぬ恋だったようで・・・。#กระทิงหนุ่มติดพันวัวบ้านไม่ยอมกลับป่า อช.เขาสก ร่วมกับ ขสป.คลองแสง และสถานีวิจัยฯ คลองแสงเร่งวางแผนผลักดันกลับป่าลึก…โพสต์โดย กรมอุทยานแห่งชาติ สัตว์ป่า และพันธุ์พืช เมื่อ วันอาทิตย์ที่ 18

タイランドハイパーリンクス

チョンブリ県では更に厳しい制限、古式マッサージ店や映画館も閉鎖

新型コロナウイルス第3波を抑え込むために、タイ全国で2021年4月18日より新たな規制がスタートしました。バンコク都やノンタブリ県、チェンマイ県やチョンブリ県など18都県はレッドゾーンに指定されており、飲食店での店内飲食が21時までに制限され、アルコールの販売が禁止されています。(参照 4月18日からタイ全国に適用、新型コロナ対策の「非常事態令第9条に基づく決定事項(第20号)」)日本人が多く暮らすシラチャやビーチリゾートのパタヤやバンセーンがあるチョンブリ県では、政府の定めた規制よりも、更に厳しい規制が敷かれています。バンコクなどで規制外のタイ古式マッサージや映画館も、チョンブリ県では閉鎖とのことです。チョンブリ県では、以下の施設なども閉鎖となっています。・パブ、バー、カラオケ、ソープランドなどの娯楽施設・スパ、サウナ・映画館、劇場・スヌーカー、ビリヤード、ボウリング、スケート、ローラーブレードの会場・ゲームセンター、インターネットカフェ・.スイミングプール、ウォーターパーク、乗り物のある遊園地、市場、水上マーケット、フリーマーケットでの子供向けの乗り物・宴会エリアおよび同様の事業・保育園と高齢者介護施設・お守りショップ・健康施設、古式マッサージ店、スパ、ビューティーサロン、ビューティークリニック・ピアスショップ、タトゥーショップなおビーチや公園は運動用で、集会、食事、飲酒はしないように要請が行われています。チョンブリ県は新たに新型コロナ陽性120人、新規制もスタート[2021年4月18日朝6時半発表]

タイランドハイパーリンクス

タイ正月休暇2021の「危険な7日間」、交通事故による死亡者は277人

タイ王国内務省災害防止軽減局 (Department of Disaster Prevention and Mitigation:DDPM)は2021年4月17日、タイ正月休暇の「危険な7日間」(4月10日~16日)で、合計2,365件の交通事故が発生し、2,357人が負傷し、277人が死亡したと明らかにしました。「危険な7日間」最終日となった4月16日には、253件の交通事故が発生し、255人が負傷し、26人が死亡しました。交通事故の原因で最も多かったのは、スピード違反で35.18%。次いで飲酒運転が22.13%でした。事故の多かった車両は、二輪車が83.27%。事故の発生場所は、直線道路が最も多く58.10%でした。▼関連記事4月11日は交通事故で30人死亡、2021年ソンクラーンの「危険な7日間」2021年タイ正月休暇初日は348件の交通事故、350人負傷で25人死亡

タイランドハイパーリンクス

新規国内感染1,765人 死亡2人/バンコク都347人 チョンブリ県229人など[2021年4月18日発表]

タイCOVID-19状況管理センター<the Centre for Covid-19 Situation Administration:CCSA>は2021年4月18日午前、新規に1,767人の新型コロナウイルス陽性者を確認したと発表しました。新たな死亡者は2人です。死亡したのは バンコク在住の54歳の僧侶で慢性の腎臓病や高血圧、糖尿病がありました。もうひとりは同じく慢性の腎臓病などがあったバンコク在住の70歳のタイ人女性です。新規に陽性が確認された1,767人のうち2人は、タイに入国後に隔離検疫施設で陽性が確認された2カ国からの人々で、国内感染には含まれません。国内感染は、69都県の1,765人。国内感染地域別ではバンコク都が347人で最多。続いてチョンブリ県が229人、チェンマイ県が164人、ノンタブリ県が100人、プラチュワップキーリーカン県が66人、サムットプラカーン県が64人、ナコンラチャシマー県が51人などです。※CCSAと各県との発表では、集計時間の関係でずれがあります。4月18日の発表の時点で、累計の陽性者の数は42,352人。死亡は合わせて101人。28,683人が回復し、13,568人が治療中となっています。本日4月18日より、感染抑制対策の新規制がはじまっています。バンコクやチェンマイ、チョンブリなど感染拡大が深刻なレッドゾーンでは、飲食店の店内飲食は午後9時までで、アルコールの提供は禁止。その他様々な規制がありますので、以下でご確認ください。4月18日からタイ全国に適用、新型コロナ対策の「非常事態令第9条に基づく決定事項(第20号)」▼関連記事新規タイ国内感染は1,544人/バンコク279人 チェンマイ140人など[2021年4月17日発表]新規タイ国内感染は1,577人、バンコク都が312人で最多、サトゥーン旅行の日本人女性も陽性[2021年4月16日発表]新規タイ国内感染は62都県の1,540人、バンコクは409人が陽性[2021年4月15日発表]新規タイ国内感染は1,326人/バンコク351人/チェンマイ県319人[2021年4月14日発表]タイ国内感染956人、トップ3はチェンマイ、バンコク、チョンブリ[2021年4月13日発表]タイ国内感染は62都県980人/チェンマイ246人/バンコク137人/チョンブリ92人[2021年4月12日発表]タイ国内感染58県で964人/バンコク236人[2021年4月11日発表]タイ国内感染59県で781人/バンコク185人[2021年4月10日発表]タイ国内感染549人で37都県に拡大/バンコク268人/チョンブリでは日本人4人[2021年4月9日発表]タイ国内感染は28都県で391人/バンコク95人(日本人1人)[2021年4月8日発表]