#4.まずは「設立認証申請書」ですね

NPO法人を設立するのに、結構、いろんな書類を作成しないといけないんですが、その①は「1第1号様式 設立認証申請書」ってのがあります。

要は管轄となる都道府県に、
・法人の名称
・代表者名
・所在地
・法人の目的
みたいな項目を記載します。

まあ、名称とか代表者とか所在地は当たり前に決めるとして、法人の目的ですよね。

この目的なんですがNPOでは、定められた20種類の分野に該当している必要があります。
内閣府のホームぺージに20種類の分野が記載されていますので、興味のある方はご参考までにURLを貼っておきます。

内閣府NPOホームぺージを参照

我々の場合、2004年に発生したインド洋大津波の津波犠牲者慰霊碑が日本の寄付によって建立され、その保護・管理と慰霊祭の開催をしているということで、「国際協力の活動」という分野と、その活動をしている日本人の方々が、リタイアメントしプーケットに移住した方が多く、いわゆる老人会だったので、地域で暮らす方への「地域安全活動」っといことで、「法人の目的」を組み上げました。

っという事で、どんな感じになったのかと言うと

定款に記載された目的
この法人は、タイ国プーケット県にあるインド洋津波犠牲者慰霊碑の管理及び慰霊祭を執り行うと共に、プーケット県に長期滞在するシニアに対して、生活の安全と安心のサポートを通じて、地域安全活動と国際協力の活動に寄与することを目的とする。

まあ、こんな感じになりました。

#4.まずは「設立認証申請書」ですね
トップへ戻る